看板・LED・造型・ホテル内装の岡崎巧芸【OKAZAKI KOUGEI】

看板の種類と特徴

岡崎巧芸の看板には、LED(発光ダイオード)がさまざまな照明として使われています。LEDの利点は、一言で言えば「エネルギーを無駄なく光にする」ということ。そのため点灯させても高温にならず、消費電力が少ないので環境負荷も軽減。長持ちするのでメンテナンス頻度も少なくて済み、経費削減にもなります。

さらに、看板の素材としてもとても優秀。球の一つ一つが小さいので、細かい看板作品や複雑な形状の製作が可能なのです。コンパクトで発熱がないため、室内のオブジェなどにも最適。何より、発色がネオンに比べて明るく鮮やか! 看板の重要なポイントとなる「目に飛び込む鮮やかさ」を効果的に実現できます。

とはいえ、充分な明るさや鮮やかさを保ちながら、数量コストや電力消費量を抑えるには、さまざまな工夫が必要。岡崎巧芸もまた試行錯誤を重ねながら、独自の工法を開発しました。存在感あるアイキャッチのための充分な輝度、造型の美しさ、そしてメンテナンスフリーとも言える高い耐久性を同時に実現します。

お問い合わせはこちら
イメージ